加給年金とは

加給年金とは年金制度の家族手当のようなもので、一定の要件を満たせば老齢厚生年金に加給年金が上乗せされます。

加給年金の要件

①厚生年金の被保険者期間が20年以上(中高齢の特例15~19年の短縮措置あり)あること
②老齢厚生年金の受給権を取得した当時、生計を維持している65歳未満の配偶者、または18歳に達した後最初の3月31日までの子供がいること
③その配偶者または子供が将来にわたり、年収850万円以上の収入を得られないと認められること

受給権者の生年月日
配偶者加給年金額(平成26年度)
昭和9年4月1日以前
222,400円
昭和9年4月2日~昭和15年4月1日
255,200円
昭和15年4月2日~昭和16年4月1日
288,000円
昭和16年4月2日~昭和17年4月1日
320,900円
昭和17年4月2日~昭和18年4月1日
353,700円
昭和18年4月2日以降
386,400円

※子⇒2人までは1人につき222,400円、3人目以降は1人つき74,100円
ただし、対象となる配偶者が被保険者期間20年以上(中高齢の特例の場合は15~19年)の老齢厚生年金、または20年以上の退職共済年金を受給できる場合は支給されません。

お問い合わせは 0120-915-745 まで

外出が難しい方など、ご指定の場所でのご相談もいたします。相続税・贈与税・遺言書・遺産・不動産など、相続に関することなら横浜相続なんでも相談所にお気軽にお問い合わせください。相続専任の税理士がしっかり丁寧に対応いたします。

相談無料  0120-915-745
(受付:平日9:00~17:30)