相続税申告に必要なもの

申告に必要なもの

相続税の申告の準備には、さまざまな資料収集が必要です

法定相続人確認の書類

被相続人と相続人の本籍地から戸籍謄本や住民票などを取ります。 被相続人の戸籍は出生後は親の戸籍に入ります。その後、引越しによる転籍や結婚して新戸籍になったり、法改正で戸籍が改製されたりしているので、それらすべての戸籍が必要です。

不動産関係書類の確認

所有している不動産の登記簿謄本や固定資産税の評価証明書などが必要です。

預貯金・有価証券の書類の確認

預貯金の残高証明書や有価証券の取引残高報告書などが必要です。

その他の財産の確認

生命保険などの保険証券やゴルフ会員証書などの書類が必要です。

債務・葬式費用などの書類

借入金の残高証明書、葬式費用の領収書などが必要です。

お問い合わせは 0120-915-745 まで

外出が難しい方など、ご指定の場所でのご相談もいたします。相続税・贈与税・遺言書・遺産・不動産など、相続に関することなら横浜相続なんでも相談所にお気軽にお問い合わせください。相続専任の税理士がしっかり丁寧に対応いたします。

相談無料 0120-915-745
(受付:平日9:00~17:30)