贈与とは?

贈与とは?

贈与はお互いの意思表示が必要

贈与は民法で「当事者の一方が自己の財産を、無償で相手方に与える意思表示をして、相手方が受諾することによって、その効力を生ずる契約である」と定めています。

つまり、口約束でもお互いに意思表示をすれば成立することになります。
当事者の一方の意思表示だけでは贈与としては成立しません。

例えば、親が子の名義で預金口座を開設します。
しかし、子がその口座の管理をしていない場合には、贈与は成立しません。
また民法では書面による贈与ではない場合は、実際に実行しなければ、取消すことができるとされています。

口約束で後になって「言った、言わない」などというトラブルを防ぐためにも、贈与契約書の作成をオススメします。

 

贈与契約書の記入例

現状から相続対策をした場合に、どれだけの効果が得られるか見てみましょう。

被相続人Aさんを例とした場合

贈与契約書には以下の5項目を具体的に記入します。

 ・「だれに」
 ・「いつ」
 ・「何を」
 ・「どんな条件で」
 ・「どんな方法で渡すのか?」

記入後、贈与する人される人のそれぞれが契約書に署名・捺印をします。

贈与契約書は、法的な効力を有する書類です。作成することにより、争いを防止することにつながります。

贈与契約書の記入例

 

お問い合わせは 0120-915-745 まで

外出が難しい方など、ご指定の場所でのご相談もいたします。相続税・贈与税・遺言書・遺産・不動産など、相続に関することなら横浜相続なんでも相談所にお気軽にお問い合わせください。相続専門のスタッフがしっかり丁寧に対応いたします。

相談無料 0120-915-745
(受付:平日9:00~17:30)