遺言書が必要となる具体例

遺言書が必要となる具体例

思いを込めてラストメッセージを

自分の意思で財産の分配を決めたい場合はもちろんですが、相続人以外の人へ、自分の感謝の気持ちを伝えることが出来るのが遺言書です。

 

例-1 夫婦間に子供がいない場合

夫婦間に子供がいない場合

 

例-2 再婚し、今の家族に多く財産を残したい場合

再婚し、今の家族に多く財産を残したい場合

 

例-3 内縁の妻がいる場合

内縁の妻がいる場合

 

お問い合わせは 0120-915-745 まで

外出が難しい方など、ご指定の場所でのご相談もいたします。相続税・贈与税・遺言書・遺産・不動産など、相続に関することなら横浜相続なんでも相談所にお気軽にお問い合わせください。相続専任の税理士がしっかり丁寧に対応いたします。

相談無料 0120-915-745
(受付:平日9:00~17:30)