相続対策って何?

相続対策って何?

万が一に備え、事前に準備をすることが大切

相続が起こると様々な悩みや問題に直面します。その多くが『事前に準備をしておけば良かった』というものです。
相続対策は、その様な悩みや問題を解決するために、事前に考え円満に円滑に相続をするための準備です。

実際に相続対策をするには法的に難しい内容がとても多いので、税理士などの専門家と一緒に考え 準備を進めるのが良いでしょう!

 

相続のお悩みの中で特に重要なもの

人それぞれ様々な家庭事情があり、お悩みも千差万別です。その中でも重要なのが、
 ①遺産分割の問題
 ②相続税の問題
 ③納税資金の問題
です。この問題について1つずつ準備をしていきましょう。

 

遺産分割の問題

遺産分割の問題相続人の間での相続争いが起こらないようにするための準備です。

身内同士、相続で揉めることほど悲しいことはありません。『うちは争うほどの財産が無いから大丈夫です』とおっしゃる方がいますが、この問題は財産の大小は関係ありません。『争族』を防ぐためには、財産を持っている方が残される家族ことを思い準備をしておくことがとても大切です。

その方法として遺言書の作成が有効な手段となります。

遺言書について詳しくはこちら»

 

相続税の問題

相続税の問題節税対策をして出来るだけ相続税を安く抑えるための準備です。

誰もが出来るだけ税金を抑えたいと思っています。それを可能にするためには、事前に対策をしておく必要があります。いざ相続が起こってから税金を安くしたいと思ってもとても困難になります。残された家族が納税で苦しまないためにも事前の準備をオススメします。

その方法として生前贈与や不動産の有効活用などを上手に利用することが有効な手段となります。

 

納税資金の問題

納税資金の問題相続税がかかるとなれば、納税をしなければなりません。

相続税は相続が発生してから10ヶ月以内に現金で支払わなければなりません。財産のほとんどが現金や有価証券などであれば納税の心配はありませんが、財産の内で不動産が占める割合が多かったりすると納税資金が足りない場合があります。不動産の売却を考えても直ぐに買い手が見つかる保証はありません。

また節税対策をして仮に相続税が半分になったとしても、納税資金が無くなってしまったのでは意味がありませんので、節税対策と納税資金対策を一緒に行うことが大切です

 

Follow me!

チェックリストのご請求

必要事項を入力の上でお送りいただきますと 相続後の手続きに必要なスケジュール・手続き等がチェックできる チェックリストをPDFファイルにてご送付させていただきます。