その他の不動産の売却

マイホーム以外の売却等でも特例が受けられることがあります。
条件は以下のとおりです。

事業用の資産を買換えたとき 一定の要件のもと、譲渡益の一部に対する課税を繰延べることができる。
店舗併用住宅を売ったとき 一定の要件のもと、店舗併用住宅のうち、自分の居住用に使っていた部分に限り、3,000万円の特別控除の特例等を受けることができます。
店舗併用住宅を買換えたとき 同じ種類の店舗併用住宅を買換えたときは、居住用部分と店舗用部分について、一定の要件のもとそれぞれ特例を受けることができます。
土地建物を交換したとき 適用要件のもと、同じ種類の固定資産を交換したとき、譲渡がなかったものとする特例を受けることができます。
収用等により土地建物を売ったとき 市区町村などの収用があった場合には、要件にすべてあてはまることが条件で、課税の特例等が受けられます。

お問い合わせは 0120-915-745 まで

外出が難しい方など、ご指定の場所でのご相談もいたします。土日のご相談も承っております。相続・贈与・遺言書など、相続に関することならなんでもお気軽にお問い合わせください。
0120-915-745(平日9:00~17:30)